日商簿記検定試験

日商簿記検定試験(通称「日商簿記」)

年間受験者数40万人超
知名度No.1の試験

簿記(ぼき)というのは、企業が行っている日々の取引を記録して、最終的にもうけ(経営成績)や資産や負債の状況(財政状態)を明らかにする手段です。
どの社会にも「経理部」ってありますよね?
だから、どの会社でも簿記って使うんです。
また、簿記といったら「数字」。
簿記に強くなると、必要な計数感覚ももれなく身につくので、どのビジネスパーソンにも必要な知識だといえます。
試験のこと

試験のこと

日商試験は、2021年度試験から紙ベースの試験(統一試験)のほか、
パソコンを使った試験(ネット試験)での受験も可能となります。
(ネット試験は2020年12月より先行施行されています。)
従来の試験から試験時間、出題数等も変わります。

統一試験とは

従来どおりのペーパーによる試験。3級、2級は6月(第2日曜日)、11月(第3日曜日)、2月(第4日曜日)の年3回実施。合否は後日判明。

申込方法
試験の約2ヶ月前から開始。申込期間は各商工会議所によって異なる。

ネット試験とは

新しく導入された試験方式。試験会場(テストセンター)のパソコンを利用して、インターネットを介して行われる試験。パソコン上に表示される問題を解いて答案を送信すると、その場で得点と合否が判明する。テストセンターが定める日で随時受験可能。

申込方法
テストセンターの全国統一申込サイトから、受験希望日時・会場、受験者情報等を入力し、クレジットカード、コンビニ払いにより受験料および申込手数料を決済して申し込み。

受験方法
申込みをした試験日時に会場に行き、指定されたパソコンに受験者情報を入力したあと、試験が開始。

受験者ごとに異なる試験問題が受験者のパソコンに配信され、パソコン上で解答を入力。計算用紙が配布されるが、試験終了後に回収される。

試験終了後、自動採点により合否が判明し、合格者にはデジタル合格証が即日交付される。

詳細は…日本商工会議所HPへ
統一試験とネット試験は、
試験形式(出題および解答)がペーパーかパソコンかが異なるだけで、
問題の難易度、分量、合格の価値などは同じです。


3級試験概要

3級では、基本的な商業簿記を学習し、
小規模な会社の経理に必要な簿記の基礎を学びます。


本試験の出題構成
3級は第1問から第3問の大問3問で構成され、配点は第1問45点、第2問20点、第3問35点で、100点満点中70点以上が合格基準です。

第1問…仕訳問題が15題以内で出題されます。
第2問…勘定記入、補助簿、文章の空欄補充などから2問出題されます。
第3問…精算表の作成、財務諸表の作成などから1題出題されます。
試験日 【統一試験】
6月(第2日曜日)/11月(第3日曜日)/2月(第4日曜日)の年3回
【ネット試験】
テストセンターが定める日時で随時
申込方法 【統一試験】
申込期間は試験の約2か月前から。各商工会議所によって異なる
【ネット試験】
テストセンターの全国統一申込サイトから、受験希望日時・会場、受験者情報等を入力し、クレジットカード、コンビニ払いにより受験料および申込手数料を決済して申し込み
受験料 2,850円(一部の商工会議所とネット試験は事務手数料550円がかかる)
試験科目 商業簿記
試験時間 60分
合格基準 70点以上

2級試験概要

2級では、高度な商業簿記と工業簿記を学習し、
中規模な会社の経理および経営管理に必要な簿記を学びます。


本試験の出題構成
2級は第1問から第5問の大問5問で構成され、このうち第1問から第3問が商業簿記、第4問と第5問が工業簿記からの出題です。配点は第1問20点、第2問20点、第3問20点、第4問28点、第5問12点で、100点満点中70点以上が合格基準です。

第1問…仕訳問題が5題出題されます。
第2問…個別的な問題、勘定記入、連結会計、文章の空欄補充などから出題されます。
第3問…財務諸表の作成、本支店会計など個別決算に関する問題が出題されます。
第4問…工業簿記の仕訳問題と、勘定連絡、工業簿記の財務諸表、部門別原価計算、個別原価計算、総合原価計算、標準原価計算(勘定記入、財務諸表の作成)のうち1題が出題されます。
第5問…標準原価計算(差異分析)、直接原価計算、CVP分析のうち1問が出題されます。
試験日 【統一試験】
6月(第2日曜日)/11月(第3日曜日)/2月(第4日曜日)の年3回
【ネット試験】
テストセンターが定める日時で随時
申込方法 【統一試験】
申込期間は試験の約2か月前から。各商工会議所によって異なる
【ネット試験】
テストセンターの全国統一申込サイトから、受験希望日時・会場、受験者情報等を入力し、クレジットカード、コンビニ払いにより受験料および申込手数料を決済して申し込み
受験料 4,720円(一部の商工会議所とネット試験は事務手数料550円がかかる)
試験科目 商業簿記、工業簿記
試験時間 90分
合格基準 70点以上

1級試験概要

1級では、極めて高度な商業簿記・会計学・工業簿記・原価計算を学習し、
大規模企業で必要な会計処理、経営管理や経営分析を行うために必要な知識を学びます。
試験日 6月(第2日曜日)/11月(第3日曜日)の年2回(統一試験のみ)
申込方法 申込期間は試験の約2か月前から。各商工会議所によって異なる
受験料 7,850円(一部の商工会議所は事務手数料550円がかかる)
試験科目 商業簿記、会計学、工業簿記、原価計算
試験時間 商業簿記・会計学で90分、工業簿記・原価計算で90分
合格基準 70点以上。ただし1科目ごとの得点は40%(10点)以上。
勉強のこと

勉強のこと

テキスト1項目を読んだらそれに対応する問題を解く!
…を積み重ねるのが合格の秘訣

独学で合格するために…

日商簿記3級、2級はほとんどの人が独学…書籍を使った学習のみで合格しています。
独学で必要な書籍は「テキスト」「問題集」「総合問題集(過去問題集や模擬問題集など)」です。

学習上気をつけたいのは次の点です。
  1. テキストを全部読んでから問題集を解くのではなく、テキストの1項目を読んだら、それに対応する問題を解く
  2. 問題集は3回転くらいさせる
  3. 最後は本試験形式の問題を時間を計って解く
  4. 2級の場合は、商業簿記のみに時間を取られてしまわないように。工業簿記を学習する時間もきちんと確保
※もっと詳しい学習方法は「トピックス」で順次アップしていきますので、ちょいちょいのぞいてみてください。
学習ツールの紹介

学習ツールの紹介

滝澤ななみの本(シリーズ)とこれに関連するアプリや動画等の紹介です。
「スッキリ」シリーズ
書籍

「スッキリわかる」シリーズ

テキスト&問題集。ネコのゴエモンと基礎から楽しく学ぼう!刊行後13年にわたってご好評いただいているベストセラー本。

「みんなが欲しかった!」シリーズ
書籍

「みんなが欲しかった!」シリーズ

フルカラー図解で見やすく、わかりやすく。初めての簿記学習を手厚くサポートする「王道」の標準テキストおよび問題集

「イメージで攻略」シリーズ
書籍

「イメージで攻略」シリーズ

「簿記をはじめて学ぶ方にピッタリの一冊!」をコンセプトとし、はじめて学ぶ方が途中で挫折することなく、最後まで学習できるよう工夫が満載です。

その他の書籍
書籍

その他の書籍

簿記の問題の解き方を重視した問題集など

アプリ・動画
アプリ・動画

アプリ・動画

もっと手軽にアプリで学習したい方や講義を視聴してしっかり学習したい方へ

新ネット試験対応 練習問題

ネット試験対応 練習問題

2020年12月から導入されたネット試験。
解き方自体は、ペーパーでもパソコンでも同じですが、パソコンでの解答になれていないと解きづらいと思います。

そこで、ネット試験対策用の練習問題をご用意しましたので、ネット試験を受験される方はどうぞご活用くださいませ。

「仕訳問題に挑戦!」はすべての方にご利用いただけます。
「模擬問題に挑戦!」は滝澤ななみの書籍をお持ちの方の「購入者特典」とさせていただいております(2021年3月末日まではどなたでもご利用できます)。

なお、この練習問題の内容等に関するご質問にはお答えできませんので、あらかじめご了承ください。
仕訳問題に挑戦!
どなたでも
模擬試験に挑戦!
購入者特典
滝澤ななみのすすめ!